院長ブログ

糖質制限だより 2015 vol.12015-04-28

六甲山の新緑がまぶしい季節です。
クリニックを移転してはや4カ月。ずいぶんブログをごぶさたしてしまいました。
移転後、大まかには落ち着いたものの、まだまだ片付かないことばかりで多忙を極めていますが、ありがたいことに多忙だと食べるヒマがないので、朝、昼は食べず、夜も小食のプチ不食も継続できています。

週末だけは、バターをたっぷり塗った厚切りトーストのご褒美など普通食。
それを食べる時の幸福感と美味さといったら…!たまりません!

糖質制限&プチ不食を続けているおかげで味覚が研ぎ澄まされるのを実感し、こうして白いパンや白米の美味しさ、食べた時の幸福感を改めて体感すると食べ物がない時代を経験した人の(白いご飯)への執着が身に似て理解できます。

さて、最近話題になっている、糖質制限や不食でケトン体が増えすぎ神経症状や昏睡などの(ケトーシス)という症状を起こすという説ですが、これについては個人差があり、少なくとも今のところ私自身には自覚症状はありません。

私のクリニックで食事療法を指導している患者さんは定期的な血液検査で確認しながら実践していますので、不安な方はクリニックでご相談ください。

ゴールデンウィークでは、白いパンと白いご飯を食べて、また体重が増えそうです。
皆さんもがんばって下さい。
月別アーカイブ
カテゴリー
© 2017 吉田内科クリニック All Rights Reserved.

トップへ戻る