院長ブログ

明石のマダムは神戸で糖質制限・豆腐ランチ2017-06-25

六甲の紫陽花がきれいな頃となりました。
明石からわざわざ来院頂いている女性患者さん。途中下車して、神戸の三宮で豆腐ランチをするそうです。
豆腐がメインの店のランチが美味しいので診察の時には予約して行くとの頑張りよう。
いつも真面目に糖質制限をされている方なので、
たまには、ゆっくり、しかも、罪悪感のないヘルシーなランチがしたいとのこと。
メインの豆腐・鶏・魚・野菜–と盛りだくさんの内容。デザートの豆乳ケーキまで
ヘルシーなメニューが人気で女性で賑わっているそうです。
(先生も行ってみはったら〜)とオススメ頂きましたが、女性ばかりでは少々恥ずかしいですね。


豆腐といえば、このところ(エクオール)という大豆に含まれる成分がエストロゲンに似た
働きをすると注目されています。更年期症状や骨粗鬆症を緩和したり、お肌や血管の健康を
保つなど美容効果もあるとか。また、男性の前立腺がんや脱毛は、アンドロゲンの過剰な作用が
影響するとされていますが、エクオールの(坑アンドロゲン)が影響を抑える効果があるようです。
ただ、エクオールを体内生産できる体質の人は、日本人の場合約、2人に1人なので
大豆を毎日食べても効果がない人もいます。大豆のイソフラボンと腸内細菌がマッチすれば
エクオールになるというわけです。何れにしても、糖質制限のために大豆製品を食べていることが
美容にもつながるということですね。

最後に、夙川の男性患者さんからの情報ですが、阪神西宮のバイキングレストランは、
バイキングで野菜とローストビーフ・おからサラダなど、が食べ放題で、糖質制限マニアに人気だそうです。
パスタやピザの誘惑に負けないように–とのアドバイス付きです。
では、皆さんも外食でも、糖質制限頑張りましょう!

西宮のサイクルマニアさん2017-06-12

西宮から来院頂いている男性患者さん。苦楽園にお住まいで、健康のため、自転車で東は尼崎・大阪。西は住吉・岡本・神戸市の三宮まで、美味しいものを食べるために、自転車で移動しておられましたが、残念ながら初期の糖尿病と診断。食事療法をおすすめしました。糖尿病への食事療法はいろいろありますが、私自身も実践している糖質制限食は肉・魚・卵は食べてOKなので糖尿病の患者さんも、あまりストレスなく受け入れて頂けます。ありがたいことに、昨今は(若々しく老年期を過ごすためには肉を食べましょう)とさかんに(肉食のメリット)をマスコミが取り上げていますので(肉を食べると体に悪い…)
という定説も崩壊しつつあり、糖質制限食も受け入れて頂きやすくなりました。
健康意識の高いおしゃれなサイクルマニアさんも(肉をたくさん食べて、太らないし、自転車で食べに行かなくても済むかな?)と
糖質制限食を始められました(笑)
炭水化物と甘い物の誘惑に負けず、頑張って下さい!

糖質制限だより 2015 vol.32015-07-28

神戸や芦屋は風があるし、まだマシ~と京都の知り合いが言ってましたが、それにしても暑い毎日です。

先日、長野の八ヶ岳に食事療法の研修に行き、マクロビオティックで5日間の玄米食をしてきました。普段は糖質制限で玄米も食べないので、久々の玄米を美味しく頂きましたが、毎日がお肉をガッツリの糖質制限なのでやはり物足りない感じでした。グルテンミートもメニューにあったのですが以前は美味しい!と思ったのに、全然美味しく感じない……。
味覚は年は食習慣で変わるもの…とつくづく実感しました。

そこで今後は少しづつ肉を豆腐などの大豆たんぱく変えてゆこうと思っています。
もうひとつ、改めて感じたのですがいつも患者さんには(規則正しい…)と言っているのに医者の不養生で、規則正しくない生活を長年続けてきたので毎朝5時起床・夜11時に就寝–の規則正しい生活をしてみると本当に心身がリフレッシュされました。
しみじみと規則正しい生活の大切さを感じた次第です。

皆さんも 冷たい飲み物や、甘い物を控えて早寝早起き…の夏休みを過ごしてみて下さい。

プチマクロビで感動。2014-06-10

信州での心理学系研修会に参加し、5泊6日のプチマクロビオティック生活を過ごしてきました。前回は体重が1,5キロ増加し(玄米も低GI食品とはいえ糖質だな〜)と感じましたが、今回の体重増加は0.5キロ。最近軽い運動を初めて筋肉がついたせいでしょうか?さて、今回は(うんちが3倍の量!)という驚きです。しかも、(きれいなうんち)です。やはり玄米には食物繊維などが多量に含まれていて、便をまとめる働きがスゴいな〜と身を以て体感し、感動すら覚えました。さて、低GI食品として雑穀米を食べている方も多いようですが、私はやはり、アミノ酸やミネラルバランスが良い玄米をおすすめします。糖尿病の方以外は(きれいなうんちの玄米食)をおためし下さい。また、今回は富山や神戸・大阪など全国から20名余参加していましたが(肉や魚がないのは辛い)(味付けが薄い)とのコメントが多かったのにも驚きました。毎日のように肉や魚を、濃いめの味付けで食べている現代の食生活が浮き彫りでした。糖質制限で肉・魚・野菜–ですがマクロビ慣れしている私は辛くはなかったです。ただ(コーヒーは飲みたかった!)です。カフェイン中毒かな?と感じましたが、漢方医としては(効用の多い珈琲豆を毎日煎じて飲んでいる–)という言い方にしておきましょう。

マクロビと糖質制限食2013-12-28

長野県・八ヶ岳の麓で1週間、久々のマクロビオティック生活を過ごしてきました。
玄米を食べると便がまとまって良い感じの排便になり、糖質制限食で便秘になるという東灘区の女性患者さんを思いだしました。確かに、私自身も糖質制限をしていると便のキレはいまいちです。便秘がちな女性や便秘で困っている人は、玄米や精製していないパン、大豆麺などを適度に食べると良いかもしれません。おすすめの美味しいパンは芦屋のベッカライ・ビオブロートさんです。オーガニックで手作り。とても美味しいです。麺は京都の高雄倶楽部の中華麺が美味しかったです。
ちなみに、今回のマクロビオティック1週間で体重は1キロ増えました。
マクロビと糖質制限—-どちらも良いところがあるので、体調にあわせてカスタマイズするのがベストですね。
お正月は年越しソバやお餅などは一口にして、チキン・サーモン・ローストビーフなどでお腹いっぱいにするつもりです。
皆さんも楽しいお正月をお迎え下さい。

久々のマクロビオティック2013-11-29

スーパー糖質制限食を始めて9ヶ月が過ぎました。実感としてこの2ヶ月でかなり体質が変わった感じです。
体重は13キロ落ちたまま、変化はありません。糖質制限を始めて3ヶ月間くらいは、体重が減っているのに下半身が重く感じられ、階段を登るのが辛かった時期がありましたが、この2ヶ月は急に体が軽くなり、ホノルルマラソンに出場した25年前の感覚が戻ってまたマラソンを復活しようかと思うくらいです。寒くなったので、食事もコンビニのおでん、鍋などでメニューのバリエーションも楽しめる季節になっていますよね。
最近患者さんに教えてもらった紀文の大豆麺や高雄倶楽部の中華麺などの麺を鍋のあとに入れたりして楽しんでいます。パンは名古屋のヌッカさんやシャトレーゼのパン・ローソンにもブランパンがあります。
おすすめはやっぱりヌッカさんかな?—ちょっと高いけど—。今度は約1週間研修に参加しますが食事メニューが完全マクロビオティックなので体にどんな変化があるのか?楽しみです。大学時代から研修医時代の8年間、アメリカ留学にも圧力鍋を持参するほどのバリバリのマクロビ生活をしていたので心身共に若返った感じです。
玄米菜食と肉魚食べ放題の糖質制限。どちらが体にいいんだろう?次回レポートします。

さまざまな症状に当クリニックの漢方と食餌療法を。2013-09-27

神戸芦屋の当クリニックで取り入れている、マクロビオティックや糖質制限食などの食餌療法による漢方は、糖尿病、肥満、メタボ、高血圧、疲労、不眠、うつなどさまざまな症状にお悩みの方に多くご実践いただいております。

また、女性の方に向けては、不妊や更年期障害、冷え性、肌荒れ、アトピーなどの症状にお悩みでしたらぜひご相談ください。

当クリニックが行っている漢方は、西洋医学による治療や薬の処方とは異なり、お客様それぞれのお悩みや体質などに合わせて食事をメインに、漢方によって弱点を補っていくという考え方です。
大きな病気になる前の未病の状態のうちに漢方によって対処することで、病気を防ぎ元気に過ごすお手伝いをいたします。

関西神戸で実績25年の漢方クリニック2013-09-27

当クリニックは、関西の神戸で25年に渡って、漢方内科医として開業しています。
地元芦屋や関西圏をはじめ、向き合ってきたお客様は全国にわたり、のべ5万人にのぼります。
阪神間には漢方クリニックが日本一多く、その中で確かな実績を築いて参りました。

当クリニックでは、毎日の体調に注意するなかで少しでもおかしいと思った時点で対処することで、大きな病気になることを防ぐ「未病」のうちに治すために、食事をベースにした漢方で、人それぞれ異なる弱点を補っていきます。

食餌療法には、マクロビオティック、薬膳、ローフード、グルテンフリーなど、さまざまな種類がありますが、当クリニックではそのなかでも特に糖質制限食に力を入れています。

漢方なら神戸市にある当クリニックへご相談下さい2013-09-26

神戸市で漢方専門クリニックとして多くの患者様と向き合ってきましたが、最近増えているのが肥満やメタボのお悩みです。

40代を過ぎると、男性だけではなく女性も脂肪がつきやすくなり、肥満になると狭心症や心筋梗塞、高血圧や脳出血、脳梗塞の原因になるといわれております。
自己流でダイエットをしたり、運動を試みても長続きしない方には、防風通聖散などの漢方薬と糖質制限食の組み合わせを試してみると効果があり、おすすめです。

当クリニックでは、血液検査を行いながら糖質制限食やマクロビ、薬膳といった食事療法を取り入れて、患者様一人一人の体質に合った最適な漢方を処方しながら指導を行って行きます。
25年もの経験がある漢方の専門医ですので、安心してお任せ下さい。

神戸市で漢方内科をお探しの方へ2013-09-25

神戸市で漢方内科をお探しの方は、ぜひ当クリニックへお気軽にご相談下さい。

当クリニックの漢方専門医は、漢方内科医として25年もの間、地元の芦屋や関西をはじめとする全国で5万人以上の患者様の治療に専念してきた漢方のプロです。
漢方とは、自然の中から食べたり飲んだりして効き目のあるものを、長い年月をかけて人間が探し出したものです。
毎日の暮らしの中にも、アロマやハーブを取り入れるなど、身近な漢方もありますが、人間を癒し活力を与えてくれる自然のものです。

当クリニックの診察室では、漢方薬剤へのこだわりや、食事療法などについてもゆっくりとお話させて頂きます。
糖質制限食やマクロビなどに興味のある方はぜひお気軽にお立ち寄り下さい。
月別アーカイブ
カテゴリー
© 2017 吉田内科クリニック All Rights Reserved.

トップへ戻る